正しい角質ケアの方法

正しい角質ケア方法について

あなたは、足の裏のケアというと何を思い浮かべますか?多くの方がやすりとか軽石で角質を削り落とすという方法を頭に描いたのではないでしょうか。

 

昔から、この方法で角質除去をしてきたのは確かで、私もかかとのガサガサで悩んでいた時、母親に軽石でこするといいよと言われました。

 

しかし、角質に刺激を与えて無理やり削り落とすというこの方法が正しいと思いますか?みんながやっているから…と始めたこのケア方法、本当はお肌に良くないケア方法なのです。

 

足の角質というものは、何層にも重なってできています。

 

それを無理やり削り落としてしまうということは、お肌の表面に傷をつけているのと同じなのです。

 

ケア直後は、古くなった角質がとれてツルツルしたかのように思えますが、実際は傷ができてしまった部分が乾燥しやすくなり、結局ガサガサになってしまったり、皮膚を刺激してしまったことで前よりも角質を溜め込みやすいお肌になってしまうのです。

 

つまり、やすりや軽石での角質ケアは悪循環の元になってしまうというわけなのです。

 

では、どのようにケアしたらよいのかということですが、最近ではお肌に優しく、皮膚を傷つけることなく角質ケアができるという商品が多く販売されています。

 

特に人気なベビーフットという商品は、誰でも簡単に使いこなせるケア商品で、早い方だと5日ほど、遅くても一週間あれば角質がボロボロと取れてくるそうです。

 

これは、やすりや軽いしと比べて、無理な刺激などを一切与えない角質ケア方法ですので、悪循環を生むことなくキレイな足を手に入れることができるかと思うので、おすすめです。


おすすめしたい足の角質ケア

あなたは、自分の足に悩みをもっていませんか?自分の足に自信があり、堂々と人に見せられるわ、なんて方そんなにいませんよね。

 

年々ガサガサ、カチカチになるかかとや足の裏に日々悩んでいるという方のほうが多いかと思います。

 

顔や体については、毎日ケアしている方も多いかと思いますし、ケアするのが当たり前な世の中でもあるかと思います。

 

それに比べて足の裏やかかとはどうでしょうか。

 

実際に毎日ケアしているという方は本当に少ないかと思います。

 

普段、見せることのない足の裏やかかとのお手入れですので、できることすら知らなかった、年齢を重ねたらみんなガサガサになるもんだと思って諦めていたという方も多いかと思います。

 

しかし、足の裏やかかとのガサガサを放置しておくと、ひび割れて歩くたびに痛い思いをしなくてはならなくなったり、ストッキングが伝染してしまったり、粉が吹いたような状態になりとても素足で出歩けないなんてことになりかねません、こうなってくると普段の生活に支障をきたすことになります。

 

では、どうしたら防げるのかと言うと、それは、足の裏やかかとの古くなった角質をそのままにしておかないということなんです。

 

足の裏はもともと皮膚が厚い場所でもありますし、自身の体重を支えたり、運動をすることで毎日皮膚に負担がかかっており、古い角質を蓄積しやすいと言われています。

 

そこで、おすすめしたいのが足の角質ケアです。

 

蓄積してしまうことを止めることはなかなか難しいのですが、蓄積してもそれをすぐに除去することでガサガサ、カサカサにならないようにするのです。

 

今のままでは何も変わりません。むしろ悪くなる一方かと思います。

 

自宅で簡単にできる角質ケアがあったらやりたいと思いませんか?

角質ケアするためにはターンオーバーを知ることから始めましょう

あなたは、テレビや美容雑誌などで耳にするターンオーバーという単語を知っていますか?

 

なんとなくわかるような気がするけれど、きちんと説明できるという人は少ないかと思います。そこでターンオーバーについて、正しい情報を知ってもらうために説明します。

 

私たち人間の皮膚は、皮下組織・真皮・表皮の三層で構成されています。

 

古くなった表皮は、肌の表面へとどんどん押し上げられていきます。

 

そして、表皮の間をつないでいるタンパク質や脂質の仲間であるデスモソームを分解して、古くなった表皮は垢として現れます。

 

つまり、エステやお風呂で剥がれ落ちる垢は古くなった表皮というわけなのです。

 

この新しい皮膚が古くなり剥がれ落ちるまでの期間は、健康な皮膚な人ですと28日間と言われており、1ヶ月弱でまた新しい皮膚へと生まれ変わり、このサイクルをターンオーバーといいます。

 

また、この古くなった皮膚は一般に角質と呼ばれるもので、タンパク質からできています。

 

角質と聞くと、お肌のガサガサの原因だとかしっかり落とすものと思っている方も多いですが、体内の水分を蒸発させすぎないように保ってくれたり、真皮を保護する役割などもあり、とても大切なのです。

 

もちろん古くなった角質をそのまま皮膚に残しておくのはよくないことですが、角質ケアにこだわり、除去し過ぎるのも考えものですね。

 

しかし、やはりツルツルでキレイな足には憧れるもの。

 

無理なく適度に足の角質ケアができるグッズがあるので、一度そちらを試してみてもいいかもしれませんね。

簡単自家製スクラブによる角質ケアの方法

美容雑誌やテレビなどで活躍をしている人気モデルに金子エミさんという方がいます。この方はパーツモデルで、とても美しいお肌をしています。

 

そんな金子エミさんがひざの角質ケアをするためのスクラブを家庭でも簡単に作れるということで紹介しています。

 

ひざは黒ずみやすく、地面にひざをつける機会が多いことからも皮膚が分厚くなりがちです。

 

この症状は、年齢を重ねると若い頃よりも気になるようになってしまいます。

 

そこで、角質ケアをする必要がでてくるのです。では、簡単に作れるというスクラブの作り方をここでも紹介したいと思います。

 

用意するものは、お肌によいと言われているはちみつ、ヨーグルト、そして塩です。

 

どこの家庭にでもよくありそうな食材ですよね。まず、はちみつとヨーグルトをよく混ぜます。

 

そしてよく混ざったところに塩をいれます。塩は、スクラブの粒の役目を果たしてくれるため、最初にいれてしまうと溶ける可能性が有り、効果が減ってしまうので注意してください。

 

たったこれだけで自家製スクラブの完成です。

 

あっという間にできたスクラブを曲げた膝にくるくるという感じでマッサージをしながらこすっていきます。この時無理に強く行ってはいけません。

 

ある程度こすったら、水で洗い流したり、タオルで拭き取ってください。

 

このスクラブのポイントは、膝を曲げておくことです。

 

膝を曲げるとシワになっている皮膚の部分が伸びるため、そのシワの間にもしっかりスクラブが入ってくれるようになるからです。

 

とても簡単な方法なので、一度試してみてください。

角質ケアにおすすめの洗顔石鹸

角質ケアにおすすめの洗顔石鹸でどろあわわというのがあります。こちらのサイトでは、実際に使ってみた口コミ体験談や効果・使い方などについて掲載しています。また、どろあわわキャンペーンも紹介されていますので一度ご覧になってください。
>>>どろあわわキャンペーン